知っておきたいカードローンの基礎知識記事一覧

銀行や消費者金融から借入するには審査が必要となります。過去に自己破産や返済していないと、審査に通らず借入ができません。名義貸しとは上記のように、何らかの理由で借入できない人が、第三者に借入してもらいお金を受け取って返済していくというものです。名義貸しの問題は、契約者にお金を借りた意識がなく、返済義務があることを理解していない点です。相手が返済しなければ、名義貸しをした契約者が返済しなければなりませ...

カードローンの審査では必ず在籍確認が必要となります。在籍確認が取れなければ融資を受けることはできません。在籍確認は申告勤務先で本当に働いているか確認するために、電話で行われることがほとんどです。電話に出る相手は、本人以外の第三者でも問題ありません。消費者金融の在籍確認は個人名、銀行カードローンの場合は、銀行名または個人名どちらかでかかってきます。在籍確認は、ほとんど融資が決まっている状況で行われま...

カードローンは職業によって審査の通過率は変わってきます。審査通過率が高い職業はずばり公務員になります。公務員は、安定した収入や定年までリストラがなく、お金を貸す側からすればこれ以上の職業はありません。また高齢になっても退職金での清算が見込めるため、借入しやすくなります。公務員の信用が高い理由・定年までリストラや倒産がない・毎月安定した収入がある・賞与が確実に貰える・退職金が多い一部銀行や信金では公...

消費者金融カードローンの審査に通るために必要な年収は、申込する希望金額によって変わってきます。以前、消費者金融の過剰貸付が社会問題となったため、借入できる金額を法律によって規制しています。消費者金融では、年収(税込)の1/3までしか借入することができません。例えば、年収300万円の人が他社借入0円であれば100万円まで借入でき、既に他社で50万円借入があれば残りは50万円までしか借入できません。年...

カードローンは残高0円となっても、限度額内での借入ができるため、解約とはなりません。解約とは、契約関係が終了することで、追加借入ができなくなります。カードローンのような契約は包括契約、車のローンにように完済後に追加借入ができない契約は個別契約と言います。残高が0円になった場合は、解約するか、融資枠を残しておくか選択することになります。解約希望の場合は、意思表示が必要です。解約方法は、金融機関によっ...

クレジットカードのキャッシングよりカードローンの方が便利に利用できます。キャッシングはクレジットのサブ的な扱いですが、カードローンはお金を貸すことに特化しているため、キャッシングにはないサービスがあります。カードローンの特徴限度額が大きい金利が低い返済方法が豊富返済日が選択できる無利息サービスがある即日融資が可能になる多くのカードローンは限度額の上限が、500万~800万円となっていて、1000万...

個人事業主・自営業者は、収入が安定していないため、審査では不利になります。また、自宅と勤務先が兼用で連絡先が携帯しかないことがあります。携帯だけの場合、番号が変わると連絡先が無くなるため、審査ではさらに不利となり、申込できないカードローンもあります。個人事業主・自営業者は借入ができないのではなく、審査に通過しにくいのです。銀行カードローンは事業用資金として利用してはいけない?銀行カードローンは、旅...

カードローンの審査は信用情報を照会しチェックすることで行われています。信用情報は3つの指定信用情報機関(CIC,JICC,KSC)で管理されています。消費者金融や銀行等は、いずれかの信用情報機関に加盟しており信用情報を提供、登録します。カードローンの審査に影響があるのは、信用情報に登録されている情報のみであり、それ以外の情報を金融機関が把握することはできません。年金や健康保険料、税金(住民税等)を...

2016年9月に日弁連の「銀行等による過剰貸付の防止を求める意見書」の提出をきっかけに、2017年4月から銀行カードローンは自主規制を行っています。メガバンクや一部銀行カードローンは、貸付額を年収の1/3以内、50万以上の借入時は収入証明書が必要となりました。以前多重債務が問題となり2010年6月に貸金業法が改正され総量規制が導入されました。総量規制により消費者金融等の貸金業者は、年収の1/3まで...