銀行カードローンと保証会社

 

 

銀行カードローンは保証会社を利用することになり、保証会社が銀行カードローンの審査を行います。

 

三井住友銀行カードローンの保証会社はプロミスです。


保証会社は主に、消費者金融や信販会社が行っています。

 

保証会社は審査以外にも、銀行カードローンの返済が遅れると督促を行い、長期延滞(約3ヶ月位)となった場合は、銀行へ代位弁済(債務者に代わって銀行へ全額返済)を行います。その後は、保証会社が裁判等の手続きをすすめていきます。

 

保証業務の収入は保証料となり、利息は銀行の収入になります。利息収入も少ないうえに、代払いのリスクもあるので銀行カードローンの審査は厳しくなるのです。

 

保証会社の仕事内容

借入審査
消費者金融は個人向けの無担保無保証融資が主な仕事であり、長年かけて蓄積したノウハウがあります。銀行はそのノウハウを利用しているのです。

 

延滞時の督促
銀行カードローンの支払いを延滞すれば保証会社から連絡が入ります。

 

長期延滞時の代位弁済
長期延滞となれば保証会社が代わりに銀行へ支払いを行います。代位弁済されると債権は保証会社へ譲渡されて保証会社が回収にあたります。

プロミスで取引があれば三井住友銀行カードローンの審査に影響する?

プロミスは保証会社だけではなく、貸金業者としてお金を貸しています。

 

プロミスで通常に取引をしていれば、三井住友銀行カードローンの審査に大きな影響はありません。むしろ遅れず返済していれば有利になることもあります。

 

プロミスで問題あれば不利になる?

過去~現在にプロミスから借入をして問題(自己破産や長期延滞、債務整理等)を起こしているようであれば、三井住友銀行カードローンから借入は難しくなるでしょう。

 

三井住友銀行カードローンで借入してプロミスが代位弁済をすることになれば、将来的にプロミスやプロミスが保証する銀行カードローンでの借入はできなくなります。

 

プロミスが保証会社のカードローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • ジャパンネット銀行カードローン
  • 住信SBIネット銀行カードローン
  • 大垣共立銀行カードローン
  • 福岡銀行カードローン
  • 横浜銀行カードローン

保証会社にメリットはあるのか?

保証会社は保証する代わりに、保証料(金額不明)を貰っています。

 

返済が滞ることがあれば、銀行へ代わりに返済(代位弁済)をしなくてはいけないため、メリットは少なそうです。

 

ただ全ての利用者が返済不能になる訳ではなく、多くの人は通常に返済を行うため、代位弁済をするのは一部のみとなります。

 

そして銀行カードローンを利用できるの一定以上の収入があったりと属性も良く、借入も少ないのです。

 

代位弁済後は保証会社が請求を行いますが、先述したように一定以上の属性があり、借入も少ないため、消費者金融の長期延滞債権よりは回収しやすくなります。

 

自己破産以外は回収もできて、さらに保証料収入あるのため、保証業務を行うことにメリットはあるのです。

保証会社(プロミス)へ申込

限度額

上限500万円

金利

4.5%~17.8%

審査時間

最短30分

即日融資~審査

無利息期間

(30日間)

 

プロミスは三井住友銀行と比較すると上限金利が3.3%高いです。

 

ただ30日間無利息期間サービスがあるため、利用期間によっては三井住友銀行カードローンより支払する利息を抑えることができます。

 

@プロミスと初めての契約
Aメールアドレス登録のうえ、web明細を利用

 

上記2つの条件を満たせば、初回出金の翌日から30日間無利息になります。プロミスの判断でサービスが受けられないこともあります。

プロミスの審査通過率は?

成約率

2017/4

43.9%

2017/5

45.1%

2017/6

44.8%

2017/7

43.9%

2017/8

46.0%

 

プロミスの審査通過率は43%~46%くくらいになっています。

 

大手の消費者金融(プロミス・アコム・アイフル)だとアコムがもう少し高くなりますが、どこも40%前半~後半くらいになっています。

 

三井住友銀行カードローンの審査通過率は低くなるでしょう。三井住友銀行カードローンではありませんが大手の銀行カードローンで30%前半となっています。

 

三井住友銀行カードローンの審査が不安であれば、プロミスに申込することをおすすめします。

 


30日間無利息期間サービスがあるプロミス⇒