カードローンとキャッシングどちらが便利か?

クレジットカードのキャッシングよりカードローンの方が便利に利用できます。キャッシングはクレジットのサブ的な扱いですが、カードローンはお金を貸すことに特化しているため、キャッシングにはないサービスがあります。

 

カードローンの特徴

  • 限度額が大きい
  • 金利が低い
  • 返済方法が豊富
  • 返済日が選択できる
  • 無利息サービスがある
  • 即日融資が可能になる

 

多くのカードローンは限度額の上限が、500万~800万円となっていて、1000万円を超える商品もあります。

 

キャッシングの金利が15%~18%なのに対して、銀行カードローンは、10%台前半で借入できます。

 

キャッシングは毎月決まった日に口座振替での返済しかできませんが(一部カードローンも同様)、カードローンの返済方法は、ATM、口座振替、銀行振込等から選択できます。支払日も複数から選ぶことができます。

 

キャッシングで即日審査~融資を受けられることは、ほとんどありませんが、カードローンは自動契約機が充実していて、審査時間も短く即日審査~融資を受けることができます。

 

キャッシングとショッピングの違い

 

キャッシングとショッピングは適用される法律が違います。キャッシングは貸金業法、ショッピングは割賦販売法が適用されます。

 

クレジットカードにキャッシングを付ける場合は、金額によって収入証明書が必要となります。ショッピングのみ利用する時は、原則必要はありません。

 

キャッシングは年収(税込)×1/3までしか借入できません。ショッピングも支払可能見込額を調査して限度額を設定します。限度額は支払可能見込額×0.9までとなります。

 

支払可能見込額=年収ー生活維持費ークレジット債務(年間請求予定額)

 

生活維持費算出方法

居住形態 1人世帯 2人世帯 3人世帯 4人世帯
住宅費用(住宅ローン・家賃)なし

90万円

136万円

169万円

200万円

住宅費用(住宅ローン・家賃)あり

116万円

177万円

209万円

240万円

 

クレジット債務

クレジット債務(年間請求予定額)は、支払期間が2ヶ月を超えるものが対象となります。例えばボーナス払いやリボルビング払い等が対象となり、一括払いは対象外です。


バナー