モビットとプロミスは同じ会社?

モビットとプロミス

 

SMBCコンシューマーファイナンスのHPを見ると、サービスブランドとしてモビットとプロミスの商品名があります。一見するとモビットとプロミスが同じ会社なのではないかと思ってしまいます。

 

CIC加盟会員をチェックすると、モビットとSMBCコンシューマーファイナンスしかなくプロミスはありません。

 

つまり、モビットとプロミスは別会社であり、プロミスがSMBCコンシューマーファイナンスのブランドということです。SMBCコンシュマーファイナンスはモビットの株主という関係です。

モビットの商品内容は?

金利

3.0%~18.0%

限度額

上限800万円

無利息期間サービス

×

 

モビットの金利は3.0%~18.0%になっています。銀行カードローンと比較すると高めの設定になっています。

 

限度額の上限は800万円となっており、大きな金額を借入することができます。ただ、総量規制の対象となるため、年収の1/3以上は借入できません。

 

モビットには他大手の消費者金融にある無利息期間サービスがありません。

 

ただモビットは、バレずに借入できるweb完結、スマホを使っての借入等のサービスが充実しているため、2016年度オリコン顧客満足度ノンバンクカードローンで1位を獲得しており、2011年度から貸付残高、口座数が右肩上がりとなっています。

モビットの返済額は?

最終借入後残高 返済額

10万円以下

4,000円

10万円超~20万円以下

8,000円

20万円超~40万円以下

11,000円

40万円超~50万円以下

13,000円

50万円超~60万円以下

16,000円

60万円超~70万円以下

18,000円

70万円超~80万円以下

21,000円

80万円超~90万円以下

24,000円

90万円超~100万円以下

26000円

以降20万円増加

4,000円UP

web完結を利用すれば借入がバレない?

モビットは、申込~契約までをwebだけで完結できるweb完結を、初めて利用できるようになったカードローンです。

 

モビットのweb完結は、基本的に申込~契約まで電話連絡がなく、メールでのやりとりになります。在籍確認の電話連絡もなく、収入証明書を提出することで在籍確認の代わりになります。

 

そしてカードレスのため、郵送物が一切なく家族に借入がバレる心配もありません。モビットは借入がバレたくない人向けのカードローンと言えます。

 

 

 

借入がバレたくない人はモビットへ⇒

 

モビットは即日融資可能なのか?

モビットは即日審査~融資を受けることができます。

 

審査時間は最短30分となっているので、遅くても午前中に申込をしておけば即日融資は可能となります。振込融資は14:50までに手続き完了しないと融資を受けることができません。

 

モビットにはローン申込機が設置してあるため、土日でもカードを受取することができます。ローン申込機では申込~カード受取は可能ですが契約はできません。

 

ローン申込機を利用すると、契約書類が郵送されるので注意が必要です。

セブン銀行ATMがあればスマホで借入できる?

モビットはweb完結をするとカードを利用しないので融資は振込のみでした。

 

ただ、2017年5月15日からカードが無くても、スマホを使ってセブン銀行ATMから借入ができるようになりました。

 

振込融資の場合、平日14:50までに手続きをしないと即日融資を受けられませんでした。ただ、スマホを使えば24時間いつでも借入できるため、夜遅くなっても即日融資を受けることができます。

 

 

モビットの公式サイトはこちら⇒

 

三井住友銀行のローン契約機でモビットカード受取可能?

モビットにはローン申込機があります。ローン申込機は、申込やカードの受取はできますが、契約はできません。

 

ローン申込機を利用すると契約書類は自宅に郵送されます。

 

2017年10月2日から三井住友銀行のロー契約機でも、申込やカードの受取ができるようになります。

 

モビットの申込機は415台、三井住友銀行のローン契約機は687台設置してあり、併せて約1100台になります。※2017年9月20日時点

 

三井住友銀行のローン契約機から申込した場合も書類は自宅に郵送されます。

 

またモビットは三井住友銀行ATMであれば、借入や返済が手数料0円で利用することができます。