三井住友銀行カードローンは何歳から借入できるのか?

 

 

三井住友銀行カードローンの貸付条件として満20歳以上、満69歳以下で安定した収入がある方となっています。


 

三井住友銀行カードローンは未成年では申込することができません。

 

未成年は親の同意が無いと契約をしても無効となります。未成年には契約する能力が無いと判断されています。結婚していると成人扱いになりますが申込はできません。

 

現在は20歳にならないと申込できませんが、成人年齢を18歳に引き下げる民法改正案が出されたので、将来的には18歳でも利用できるかもしれません。

学生はカードローンを利用できるか?

20歳以上でアルバイトで安定した収入があれば学生でも申込することができます。

 

一人暮らしの場合、実家の情報を確認されることはありません。

 

学生でも20歳を超えれば成人となり、返済義務が生じます。学生だからと安易な気持ちで申込するのはおすすめできません。

学生なら消費者金融がおすすめ

学生なら三井住友銀行カードローンではなく、消費者金融への申込をおすすめします。

 

それは大学生から以下のような口コミがあるからです。

 

大学生

 

お金が必要となり、アルバイトで多少は収入があったので、三井住友銀行カードローンへ申込をしましたが審査には通らずでした。

 

銀行より消費者金融の方が通りやすいだろうと考え、次はプロミスに申込したら希望額10万円借入できました。


 

口コミにあるように消費者金融より銀行の方が審査が厳しいようです。

 

三井住友銀行カードローンと比較するとプロミスの金利は高くりますが、無利息期間もあり、少額の借入だとそこまで大きく利息が違うということはありません。

高齢者や年金受給者でも借入できる?

三井住友銀行カードローンは69歳の誕生日を迎えるまでは安定した収入があれば借入可能となっています。

 

この年齢になると定年退職して年金を受給している方もいます。年金受給者の方も三井住友銀行カードローンから借入はできるのでしょうか?

 

貸付条件は安定した収入となっていますので、年金が安定した収入と言えるかが重要となってきます。貸金業法では年金を安定した収入と認めており、年金受給者の借入に制限は設けられていません。

 

しかし三井住友銀行カードローンは、貸金業法ではなく銀行法により営業しているので、年金を安定収入と判断するかは不明です。ただ年金受給者が、三井住友銀行カードローンで借入するのは難しいでしょう。

 

年金+仕事での収入の場合

アルバイトやパートとして働いていれば審査では有利になります。在籍確認ができると借入も十分可能でしょう。

 

年金+不動産での収入場合

法律的に不動産所得は安定収入となっていますが、アパートや駐車場は借り手がいて初めて収入となるため、安定していると言えません。

 

ただ銀行にはアパートローンがあり、家賃収入を信用して融資をしているので、不動産の収入がプラスに働くこともあるでしょう。

 

年金しかない場合

年金のみの場合は難しいです。貰っている金額にもよりますが、2ケ月に1回の支給になるので、安定しているとは言えません。

取引中に年齢がオーバーしたらどうなる?

三井住友銀行カードローンを利用して満69歳になるまでに完済できないこともあるでしょう。

 

そんな時は一括で返済する必要はなく、その後も分割返済をしていくことは可能となります。ただ、限度額内での追加借入はできないので返済のみを行っていくことになります。

 

69歳になっていきなり追加ができなくなるということも考えにくく、一定の年齢になれば追加借入はできなくなるでしょう。年齢が上がると、貸倒のリスク(死亡)が高くなるので仕方はないでしょう。

 

ただ69歳になってまで返済をしなくてはいけないという状況にならないように、退職金で清算する等をして借金を老後に持ち込まないようにしましょう。

審査に通りやすい年齢はあるのか?

年齢は審査でチェックされる項目であり、少なからず影響を与える要因となります。

 

年齢が若過ぎる(20歳~25歳位)と収入もそれほど多くなく、勤続年数も短いのでこの先どうなるか不透明だと判断されてしまいます。つまり若ければ審査に通りやすいということでもないのです。

 

高齢(50歳以降)になると失職してしまったら再就職も厳しく、住宅ローンや教育費等の出費があり多少不安な面があります。しかし収入は安定しており家族がいることで返済せずに逃げるといったリスクは少ないとも考えられます。

 

カードローンに通りやすいと考えられる年齢は30代ではないでしょうか。30代は収入も安定、勤続年数も長くなっているからです。そしてこれからまだまだ働けるという点が審査では評価されるのです。

 

年代別審査の有利度
年齢 審査

20代

30代

40代

50代

60代

×

カードローンを利用できる年齢は違う?

金融機関 年齢制限

プロミス

満20歳以上69歳以下

三井住友銀行

満20歳以上満69歳以下

みずほ銀行

満20歳以上満66歳未満

三菱東京UFJ銀行

満20歳以上65歳未満

オリックス銀行

満20歳以上69歳未満

新生銀行レイク

満20歳以上70歳以下

 

カードローンが利用できる下限年齢は20歳となっていて違いはありませんが、上限年齢には違いがあります。

 

ただ70歳を超えると、どのカードローンも利用するのは難しそうです。中には75歳まで借入できるローンもあります。

 

年金が受給できる年齢が65歳から受給できるため、年金生活者でも申込できます。

 

ただ65歳になっても働いて収入があり、年金が必要無い人は、請求する年齢を遅らせることができます

 

請求する年齢が高ければ、増額して支給されることになります。