三井住友銀行カードローンはおまとめローンや借り換えに向いている?

三井住友銀行カードローンをおまとめローンとして利用すれば金利や毎月の返済額を抑えることが可能になるのでおすすめです。

 

そもそもおまとめローンとは複数の借入を一本化することにより金利を下げて月々の返済を楽にするローン商品です。三井住友銀行カードローンはおまとめローン商品として扱っていませんが使途は自由ですのでおまとめローンとして利用は可能です。

 

では三井住友銀行カードローンがおまとめローンに向いている理由はどこにあるのでしょうか?

 

 

おまとめローンの利用条件は

  • 低金利であること
  • 高限度額であること
  • 総量規制の対象外であること

になります。

 

三井住友銀行カードローンは条件を満たしいているのでおまとめローンとしての利用をおすすめします。


借り換えローンとおまとめローンの違いは?

おまとめローンと似た意味の言葉で借り換えローンがあります。おまとめローンと借り換えローンは同じ意味と勘違いしている人は意外と多いかもしれません。

 

今まで説明してきた通りおまとめローンは複数の借入を1本化するローンなのに対して借り換えローンは、1社からの借入をまた別の1社へ移すローンのことを言います。どちらも目的は金利を下げて返済を楽にすることにあります。

 

借り換えローンは総返済額などの違いが返済シミュレーションを使えば比較的簡単に比較できますので、月々の返済額だけではなく、完済までに払う利息も加味した借り換え先を選択できます。

 

三井住友銀行カードローンも借り換え先としては十分使えますので金利や返済額をなど比較して利用することをおすすめします。

消費者金融でもおまとめローンはある?

そもそも消費者金融からは総量規制があり年収1/3までしか借入ができません。しかしおまとめローンや借換ローンは例外貸付の顧客に一方的有利となる借換えに該当するので年収の1/3を超えても借入ができるのです。

 

プロミスにはおまとめローン、アコムには借換専用ローン、アイフルにはおまとめMAXやかりかえMAXといったおまとめや借換専用の商品があります。

 

消費者金融にもおまとめ専用の商品はあるのですが上限金利が15%~18%と決して低い設定とといえない商品となっています。。

 

金額に応じて金利は下がると考えられれますがおまとめや借換する金額が100万円を超えれば上限金利15%となります。

 

つまり消費者金融(金利18%)の借入が100万円以上あればおまとめローンとして利用する価値はあるのです。そして消費者金融のおまとめローンは銀行カードローンやクレジットのショッピング枠はまとめられない商品性となっているのです。

 

消費者金融等の貸金業者で借換ローンの利用はCICのデータによると183,231件896億円となっています。

 

おまとめローン

三井住友銀行カードローンはおまとめローンとしての条件を満たしている!

三井住友銀行カードローンはおまとめローンとしての条件を全てクリアしています。

 

まず金利は4.0%〜14.5%となっており限度額に応じて金利が変わってくるのです。。消費者金融の金利は18.0%で設定されている業者が多く、上限金利14.5%でも消費者金融をまとめるのに十分な金利と言えるのです。

 

さらに三井住友銀行カードローンは限度額が高くなるに連れて金利は低くなっていきますので、消費者金融だけではなく他銀行カードローンをまとめるにも十分利用できる商品となっています。

 

三井住友銀行カードローンの金利チェック

限度額 金利
100万円超~200万円以下 年10.0%~12.0%
200万円超~300万円以下 年8.0%~10.0%
300万円超~400万円以下 年7.0%~8.0%
400万円超~500万円以下 年6.0%~7.0%

 

三井住友銀行カードローンの限度額は上限800万円となっています。カードローンの総借入額が800万円を超える人は殆どいないので条件をクリアしているといってもいいでしょう。

 

そして総量規制は消費者金融が対象となっているので三井住友銀行カードローンは問題ありません。総量規制の対象になってしまうと年収の1/3までしか借入ができず全てまとめられず結果的に負担が大きくなる事があるのです。

 

その他一本化する事によるメリットは、複数の業者へ返済する煩わしさがなくなり返済にかかる手数料も抑えられることが挙げられます。その点でも三井住友銀行カードローンは提携ATM(コンビニATMやゆうちょATM等)が手数料0円で利用することができます。

三井住友銀行カードローンはおまとめローンを待っている?

銀行によってはおまとめローンに積極的ではないところもあります。

 

しかし三井住友銀行カードローンはおまとめローンに積極的です。その根拠はホームページにおまとめや借り換えにも対応と書いているためです。積極的でない項目をホームページでわざわざ呼びかけることは不自然です。つまり三井住友銀行カードローンはおまとめローンを利用した人を待っているのです。

 

おまとめローンは金額も大きくなるためリスクも高いですが、メリットも十分にあるからです。借入金額が大きくなれば取引も長くなり利息収入も見込め、返済額、金利も下がるので貸倒のリスクも抑えられるのです。

 

おまとめローン

 

三井住友銀行カードローンでまとめるのに向いている方は?

三井住友銀行カードローンでおまとめローンとして向いている方は下記の通りです。

  • 金利を下げて早期完済を希望する方
  • 毎月の返済額を抑えたい方

 

三井住友カードローンは低金利で借入できますので早期完済希望の方に向いていますし、最低返済額も低くなっており月々の返済額を抑えたい方だけではなく、早期完済希望の方も無理なく返済でき非常に便利です。

 

上記で説明しましたが、月々の最低返済額だけをずっと支払っていたら結果的に完済までに多くの利息を払うことになるので注意が必要です。

 

多少デメリットがあるかもしれませんが三井住友カードローンの利用法としておまとめローンがおすすめです!と自信を持って言えます。

三井住友銀行カードローンはまとめた後でも追加融資が可能?

三井住友銀行のおまとめローンを利用しようとするとカードローンでまとめることになります。しかしすべての銀行がカードローンでまとめるわけではありません。

 

ややこしい言い方になりましたが銀行でも消費者金融のようにおまとめローン専用商品や使い道自由のフリーローンを利用することがあるのです。

 

そのような専用商品やフリーローンは目的別ローンと呼ばれ完済するまで追加での借入ができません。消費者金融もおまとめローンを利用すると限度額内での追加借入はできなくなるのです。

 

しかし三井住友銀行には専用商品がないのでカードローンを利用することになります。もちろんカードローンなのでまとめた後でも追加借入することは可能になるのです。ただし審査結果によっては追加借入ができない場合もあります。

 

そして専用商品やフリーローンは借入額が減ったからといって毎月の返済額が下がることはなく完済するまで一定になっているのです。

 

まとめた後に借入できることはメリットやデメリットもあると思います。しかし困った時に限度額内で借入できるのは非常にメリットがあることだと考えます。

三井住友銀行カードローンはおまとめローンでも収入証明書不要?

おまとめローンを利用する時は金額が大きくなります。三井住友銀行カードローンは原則300万円以下は収入証明書不要で借入することができます。これはおまとめローンとして利用する時でももちろん変わることはありません。

 

三井住友銀行カードローンには消費者金融のようにおまとめローン専用の商品がありません。例えばおまとめローン専用の商品があれば収入証明書が必要となってくる金額も変わる事も考えられます。

 

借入がある人で総額が300万円もおられるますがその場合は収入証明書が必要となってしまいますが、大体に人は300万円以内で収まる借入だと思いますのおまとめローンも収入証明不要で利用できる三井住友銀行カードローンはおすすめです。

三井住友銀行カードローンのおまとめローン審査に通過するには?

おまとめローンを利用する人は既に複数からの借入があり、審査に通過するか不安でしょう。

 

三井住友銀行のホームページにはおまとめや借換にも対応となっています。つまりこれは複数借入がある人を歓迎している証拠で積極的に貸付することが考えられます。

 

おまとめローンとして申込する人の借入件数が多いことは分かっているに決まっています。件数が多いからとあきらめる必要はありませんが、件数が多くても1社あたりの限度額が低ければ信用は低くなります。

 

借入する人は件数を増やす前に増額をするという人が多いのですが、それができずに新たな業者で借入をしたと判断されるため信用が低くなるのです。

 

三井住友銀行カードローンで取引中の人は審査に有利でしょう。

 

遅れず返済していればそれなりの信用もあるでしょうし、返済額を増やして返済しているならなおさら信用もありますので、新規で三井住友銀行カードローンにおまとめローンを申込するよりは圧倒的に有利となるでしょう。

おまとめローンとして利用するメリットとデメリットとは?

 

 

おまとめローンを利用することはメリットもデメリットもあるんです。

 

おまとめローンのメリット

  • 金利を下げることができる
  • 毎月の返済額を下げることができる
  • 返済を月1回にできる

 

そしておまとめローンのデメリット

  • 完済までの返済総額が増えることがある

ということが挙げられます。


おまとめローンを利用すれば金利が引き下げることが可能いうことは理解できたと思いますので具体的に月々の利息がどれくらい違ってくるのか説明していきます。

 

複数の業者から金利18%で総額150万円の借入を三井住友銀行カードローンでまとめると金利は12%まで下がります。

利息の違いをチェック!

1年間の利息 150万円×0.18=27万円→150万円×0.12=18万円 その差9万円 

 

1ケ月の利息 27万円÷365日×30日=約2.2万円→18万円÷365日×30日=約1.5万円 その差約7000円

 

当たり前ですが上記の様に金利が下がると月々の利息も下がります。つまりまとめる前の返済額と同じ金額を返済していけば間違いなく早期完済することが可能となるのです。ただ返済額を下げたくておまとめローンとして利用する人もいるはずです。

 

三井住友銀行カードローンのは限度額が150万円であれば最低返済額は2万円となり、まとめる前の利息にも満たない金額ですので間違いなく月々の返済額も抑えられます。

 

実際に金利18%の消費者金融で総額150万円であれば返済額3万円〜4万円となってくるのです。ちなみに三井住友銀行カードローンの返済額は銀行カードローンのなかでも低い設定となっているのです。

 

しかし月々の返済額を下げてしまったら完済まで時間がかかり完済までの利息は大きくなってしまうというデメリットも生じてきます。

 

金利18%借入150万円を月々4万円で返済すれば完済までに総額約220万円(利息約70万円)返済になります。一方三井住友銀行カードローンで金利12%150万円を月々2万円で返済すれば完済までに総額約278万円(利息約128万円)返済する計算となります。

 

三井住友銀行カードローンでまとめた方が最終的に60万円も多くのお金を返済する事になりメリットとデメリットが存在することがわかると思います。

おまとめローン審査の前にしておくべき事とは?

おまとめローンの審査では件数はできるだけ少ない方が有利になります。残高5万円以下と少額なカードローンは完済して解約しておきましょう。

 

これは件数を減らすという目的もありますが、件数を減らすことでおまとめローンとして利用して完済したいと本気で思っていると思うからです。

 

審査するのは機械ではなく人間であり少額のカードローンを完済して申込するのと完済しないで申込するのは印象が違ってきます。完済日は信用情報を見ればわかります。

 

そして気をつけたいのが利用していないクレジットカードのキャッシング枠を解約しておくことです。キャッシング枠は現金を借りるのでカードローンと同等に扱われます。

 

クレジットカードは申込時からキャッシング枠がついていることがあります。キャッシング枠のみ解約もできますので必ず解約しておきましょう。

 

少額のカードローンもキャッシング枠も解約することが大事なのです。性質上解約していないカードローンは残高0円であったしても自動に解約にはならないのです。

 

カードローン限度額内であればいつでも追加での借入することができてしまうからです。そうなると審査ではまとめても解約していないカードローンで追加借入するのではないかと感じれてしまうのです。

三井住友銀行カードローンでおまとめローン利用者の口コミや評判は?

40代男性 会社員
30代前半で初めて借入をしたのですが、気づけば借金が200万円にまえ膨れ上がっていました。返済してもしても、なかなか減っていかない借金に返済意欲も低下していました。そこで知り合いに相談したら「おまとめローン」の存在を教えてもらい、三井住友銀行カードローンを勧められました。銀行だから通らないだろうと半信半疑でしたが、見事200万円融資可能となり、他社借入をまとめることができました。金利も下がり、借金が減っていくのを実感できるので返済意欲も高まりました。