プロミスの返済額について

 

 

プロミスの返済額は借入後残高によって変わります。


 

プロミスの返済額
借入後残高 返済金額

30万円以下

借入後残高×3.61%(1,000円未満切り上げ)

30万円超~100万円以下

借入後残高×2.53%(1,000円未満切り上げ)

100万円超

借入後残高×1.99%(1,000円未満切り上げ)

 

借入後残高とは?

借入後残高とは借入した後の残高です。

 

プロミスは返済だけしていても、返済額が下がりません。

 

例えば、借入後残高が30万円であれば返済額は1.1万円です。その後借入しなければ残高が9万円まで減っても返済額は1.1万円ですが、1万円借入すれば4千円に下がります。

 

返済額を下げるには必要無くても、借入しなくてはいけません。ただ借入して当日返済すれば利息は発生しません。

プロミスの返済額は低い?

借入(後)残高 プロミス アコム アイフル(約定日制)

10万円

4,000円

5,000円

4,000円

20万円

8,000円

9,000円

8,000円

30万円

11,000円

13,000円

11,000円

40万円

11,000円

12,000円

11,000円

50万円

13,000円

15,000円

13,000円

60万円

16,000円

18,000円

16,000円

70万円

18,000円

21,000円

18,000円

80万円

21,000円

24,000円

21,000円

90万円

23,000円

27,000円

23,000円

100万円

26,000円

30,000円

26,000円

 

消費者金融の中でプロミスの返済額は低くありません。アイフルの約定日制を選択した時と全く同じです。アイフルは35日制があり、そちらは返済額がが高くなります。

 

アコムは少し高いですが、数千円と大きな違いはありません。

 

プロミスと違い、アコム・アイフルは借入後残高ではなく、返済する時のの残高によって返済額が決まります。

プロミスは提携ATM手数料は無料なのか?

返済するために利用するのがATMです。

 

プロミスは自社ATMの他に提携ATMとしてコンビニATMやゆうちょ銀行ATM等で返済することができます。

 

下記で紹介していますが、プロミスは自社ATMまたは三井住友銀行ATMを利用すれば、無料で返済できます。

 

その他の提携ATMを利用すると手数料(1万円以下108円・一万円超216円)が返済や借入する度に必要となります。

 

プロミスはポイントサービスを使えば、一定期間は手数料を0円にすることができます。

 

プロミスが手数料0円のATM

●自社ATM
●三井住友銀行ATM