三井住友銀行カードローンと消費者金融との違いは?

 

 

 

三井住友銀行カードローンと消費者金融は金利や限度額、返済額に違いがあります。


 

金利や限度額の違いは?

消費者金融と大手3社と比べてみました!
カードローン 年利 限度額

三井住友銀行カードローン

4.0%〜14.5%

10万円~800万円

プロミス

4.5%~17.8%

500万円

アコム

3.0%~18.0%

800万円

アイフル

4.5%~18.0%

500万円

 

三井住友銀行カードローンの上限金利が、年14.5%になっているのに対して、消費者金融はプロミスが17.8%、アコム・アイフルは18%となっています。

 

たかが2.5%と感じるかもしれませんが、50万円借りた場合、1ヶ月の利息は約1,500円違い、年間だと18,000円の差が出ます。

 

金利でカードローンを選ぶなら、消費者金融ではなく、三井住友銀行カードローンを選択しましょう。

 

限度額は三井住友銀行カードローンとアコムが800万円と大きく、プロミスやアイフルは500万円となっています。限度額の上限まで借入できることはほぼありません。

返済額の違いは?

返済額を比較

借入残高 三井住友銀行カードローン アコム プロミス

10万円

2,000円

5,000円

4,000円

30万円

6,000円

13,000円

11,000円

50万円

10,000円

15,000円

13,000円

70万円

12,000円

21,000円

18,000円

100万円

15,000円

30,000円

26,000円

 

返済額が一番低いのは三井住友銀行カードローンとなっています。借入残高によって、数千円の違いではなく万単位で違います。

 

カードローンを返済額の低さで選ぶのであれば、消費者金融より三井住友銀行カードローンがおすすめです。

サービスが充実しているのは?

三井住友銀行カードローンと比較して、消費者金融はサービスが充実しているといえます。

 

消費者金融には無利息期間サービス、手続きをすれば24時間365日、銀行口座に振込融資がされるサービス等があります。業者によって違いますが、無利息の期間は1週間~30日となっています。

 

1ケ月以内に完済予定がある人は、無利息期間サービスがある消費者金融がおすすめです。

三井住友銀行カードローンはATM手数料が0円?

三井住友銀行カードローンは、コンビニやゆうちょATM等の提携ATMの手数料が無料となっています。コンビニATMは24時間利用できて便利です。

 

消費者金融は自社ATMは無料で利用できますが、コンビニ等の提携ATMを利用する時は、手数料が必要となります。

 

手数料は1万円以下⇒108円、1万円超⇒216円となります。

 

5年で完済できたとしても、手数料で216円×60回=12,960円も必要になります。カードローンは追加融資も受けられるため、完済までに10年超かかる人も多くいます。そうなると手数料だけでも大きな金額になってしまいます。

 

提携ATM手数料0円で便利に利用したい人は、三井住友銀行カードローンを利用するべきです。

消費者金融でおすすめはプロミス

 

 

消費者金融は銀行カードローンと比較すると審査に通りやすいと言われています。

 

その消費者金融の中でおすすめなのがプロミスです。

 

プロミスは審査時間が最短30分と短く即時融資を受けることができます。自動契約機があるため遅くなってもカードを受け取ることができます。

 

プロミスを初めて利用する時は、30日間無利息サービスを受けることできます。またポイントサービスを利用すれば取引中でも無利息になります。

 

さらにプロミスは24時間365日最短10秒で振込融資が受けられる瞬フリサービスがあります。※一部利用できない時間があります。

 

プロミスのおすすめポイント

  • 審査時間が最短30分
  • 即日審査~融資が可能
  • 無利息期間サービスがある(初回に限り30日)
  • web完結で郵送書類を無しにできる
  • 瞬フリでほぼ24時間365日最短10秒で振込融資が受けられる

 

プロミスの詳細はこちら⇒

 

 

全て書き直す感じになるかもっしれない