増額(増枠)の申込方法は?

 

 

カードローンは借入後にお金が必要となれば、増額をすることができます。

 

増額の申込方法は下記の2つになります。

 

  • 三井住友銀行カードローンプラザ(フリーダイヤル)へ電話(9:00〜21:00 土日祝可)
  • ローン契約機(9:00〜21:00 土日祝可)
  • ※契約機により営業時間、休日が異なります。


 

増額の申込は、フリーダイヤルまたはローン契約機となりwebから申込することができません。

 

自分から申込するだけではなく、三井住友銀行の方から増額の案内がくることもあります。

 

三井住友銀行カードローンの増額審査とは?

三井住友銀行カードローンの増額審査は、今までの返済履歴が重要視されます。

 

増額をするには最低半年以上の返済が必要となります。返済すればいいのではなく、遅れていないことが大事です。毎回返済が遅れていれば審査に通るのは難しくなります。

 

返済履歴以外にも、信用情報で他社の返済状況、前回契約した時からの借入額の増減を確認することになります。

 

借入額が増えていれば、毎月の返済負担も増えていると判断されるので審査では不利となるのです。

 

増額申込時に勤務先の変更がないと申告しても、在籍確認をすると辞めている人がいるので、在籍確認は必要となります。

 

増額審査のポイント
  • 返済履歴
  • 借入額の増減

勤務先が変わっていたら審査に影響する?

増額を申込する時に、以前と勤務先が変わっていれば審査に影響します。

 

転職していれば、勤続年数が短くなってしまうため審査には不利となるでしょう。

 

収入が減っていると審査には不利となり、逆に以前より増えていれば有利となるでしょう。収入が増えても転職直後に審査に通るのは難しいでしょう。

 

転勤は審査に影響することはありませんが、住所等に変更あるため、必ず申告しましょう。

増額希望なら限度額ぎりぎりまで利用するべき?

三井住友銀行カードローンの増額審査に通るには限度額ぎりぎりまで利用しておくべきです。

 

ほとんど借入していない状況では増額する必要性がないと判断されます。また借入していない状況での返済額は低いため、返済能力を確認できません。

 

増額審査に通るためには、返済能力があることを認めてもらう必要があります。そのためには限度額ぎりぎりまで借りている状況で、遅れず返済していれば審査には通りやすいでしょう。

 

増額審査を有利にする方法は?

先述しましたが、毎月の返済を遅れないことは増額審査において大事なことです。それ以外でも増額審査を有利にする方法があります。

 

それは毎月の返済額を多めに入金することです。

 

多めに入金することにより、返済能力に余裕があり、増額しても返済は問題ないと判断されるからです。

増額審査の時間は?

金額が大きくなれば審査時間はかかってきます。金額とは限度額のことではなく増額の幅になります。

 

例えば、50万円の限度額を150万円にするか、190万円の限度額を200万円に増額するかでは前者の方が審査時間は長くなります。

 

増額の案内がくるのと自分からの申込では審査時間は異なります。案内が来たほうが審査時間は短くなります。

 

案内する場合は、事前に返済履歴、信用情報をチェックして審査を終わらしていることもあります。

 

また返済履歴だけチェックして、増額希望があれば信用情報を確認することもあります。この場合でも、いくらまでなら融資可能と、ある程度の金額が出ているので審査は早くなるのです。

増額(増枠)ではなく他のカードローンを利用してお金を借りる

増額ではなく、他のカードローンへ新規で借入することもできます。

 

新規で借入することのメリットとして、融資までの時間短縮や、審査に通過しやすくなるといったことがあります。

 

それは、銀行カードローンの増額ではなく、消費者金融から新規で借入をする場合です。

 

増額の審査にといっても、銀行によっては長くなることもあり、最短30分で審査できる消費者金融からの方が、早く借入できることもあります。

 

そして金利の低い銀行カードローンより、消費者金融の方が審査はゆると言われています。

 

デメリットは件数が増えて管理が大変になったり、高い金利が適用されることがあります。

 

件数が増えていくと返済忘れ等をしやすくなります。カードローンは1社で100万円以上の借入時の上限金利が15%と法律で決まっています。

 

消費者金融であれば50万円×2件だと金利は18%になりますが、増額をして1社で100万円にすれば金利が3%下げることができます。